smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
categories
recent comment
new entries
profile
sponsored links
シロキタ通信ML
シロキタ通信をメールで配信しています。ご希望の方は、氏名・パート・何期または卒業年度・メールアドレスを下記に送信ください。

johokuglee-ob-owner@yahoogroups.jp;


↓からでも承ります。管理者から折り返し上記の確認をさせていただきます。
johokuglee-obグループに参加する
Powered by groups.yahoo.co.jp
archives
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 2010/06/05 「碑」合同練習@東京水族館 | main | シロキタ通信・2010年6月号が発行されました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

2010/06/20 「碑」合同練習@東京水族館

▼日時
2010年6月20日(日) 14:00〜16:50
▼場所
東京水族館(田端) 4F練習室
▼内容
14:10〜
笹倉先生ご指導により発声練習
14:20〜
「碑」 4.川の中で アンサンブル
(15:30〜15:40 休憩)
15:40〜
「碑」 5.時間割 アンサンブル
16:20〜
「碑」 6.まさちゃん お母さんよ アンサンブル
16:50
終了
(以上、ピアノ伴奏:平野百合子先生)

▼OB参加人数

板橋18・埼玉8 合計26人
(T1 板橋5・埼玉1=6人 T2 板橋4・埼玉2=6人 B1 板橋4・埼玉2=6人 B2 板橋5・埼玉3=8人)

▼メモ

[全体の指摘事項として]
●指揮に合わせて息を吸う。息を合わせれば音(声)が合う。
●強弱のメリハリ、dinamicの幅を持つ。

[4.川の中で]
●4小節 上2声 吸った息をしっかり止めてからmを出す
●5小節 下2声 「ひかり」の「ひ」 吸った息を保って入る
●9〜10小節 上2声 「子らの」の「ら」 2回ともやわらかく
●13小節 上2声 「地ごくの」の「の」 長くならない
●16小節 上2声 m 固く
●19小節 下2声 「いしがきを」の「し」 短めに 「を」の後は切ってから次の小節へ
●21小節 上2声 「せいとに」の「せ」 短く アクセント気味に
●23小節 上2声 「てを」の「て」 長くならない
●24〜25小節 T1 「きずついたせんせい」 短めに〜息の量が多くならないように
●33小節 B2 「きみは」の「き」 kの子音を意識する
●50〜57小節 全声 f〜mf〜mp〜p のdinamicを意識する
●50〜51小節 全声 dimを意識する〜一本調子にならないためにも
●75小節 T1 「いっぱい」の「いっ」 指揮に合わせて
●78小節 T1 2分音符 音符の長さの中で切る 次の4分休符まで伸ばさない
●79小節 T1 「おかあちゃん」の頭の3連符 響きを落とさない〜テノールの声で
●89〜91小節 B1 mfからpまでのdinamicをつくる
●93小節 T1 「おかあちゃん」の「ちゃ」 音の頭をためる 94〜96小節はmf、mp、p とダウン
●93小節 T2、B1 3拍目の8分音符はテヌート気味に
●97小節 T1 「あいたい」 1語ずつ

[5.時間割]
●5小節〜 T1 音をしぼる
●5小節 T2、B1 の m 固く
●10小節 T2、B1 「たのしい」明るい音色で
●17小節 全声ともmp〜音量を抑える
●23小節 全声 譜面通りにdinamicをつける
●25小節 上3声「やすみじかんも」 「やすみ」と「じかん」を一緒にしない〜「み」を少し引く
●30小節 全声 「ラー」前のリズムに引きずられて同じようにはねない
●31小節 T2はテナーの音色で、B1はバリトンの音色で(高めに&音の幅を狭く)
●49小節 上2声「な」 やわらかく

[6.まさちゃん お母さんよ]
●12小節 上2声 「まさちゃん」の「さちゃん」 「ま」よりも抑える
●12〜13小節 T1 「おかあさんよ」の「おかあ」 流さない
●27小節、29小節 下2声 小節の頭の音は固く
●38小節 上2声 「はは(母)はー」の頭の「は」 細く
●42小節 上2声 mp
●43小節 全声 「はは」の4分音符 fよりも音を合わせることに意識を向ける
●58小節 T1、B1 いずれも音量抑える〜pくらいで良い
●62小節 下2声 16分を短めに

**********

練習を重ねる中で、笹倉先生の指揮にも表情が出てきているように感じます。正確に言えば “(指揮の表情に我々が)気づくようになってきた” ということかも知れませんが(苦笑)、少しずつ厚みが出てきた団員の音に指揮が反応している、とも言えるのかも知れません。
もしもそうであれば、なおのこと、今まで指摘されてきた個々の言葉やフレーズの処理(いずれも、言葉やフレーズの立ち上がりと終わりを意図的につくるということ)や、今回全体的な指摘事項として挙げた、指揮に合わせてブレスをして、音の出だしを揃えることなどは各自意識して実践し、今後の練習時間を、より大きなフレーズをつくること、曲を通しで練習することに振り向けていければ、と考えます。メンバー1人ひとりが丁寧に音をつくることで、練習内容と曲の出来映えを練り上げていきましょう。みなさまのご協力を、よろしくお願いいたします。

次回の練習は、「碑」合同練習が 7/10土、現役定演に向けた練習が 6/27日 です。
(時間、場所など、いずれも以下のエントリをご参照ください)
2010年4月〜9月のOB練習予定


(以上 練習報告 : 19期藤沢)
  

at 20:45, johnson, 練習報告

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 20:45, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://shirokita.jugem.jp/trackback/114