smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
categories
recent comment
new entries
profile
sponsored links
シロキタ通信ML
シロキタ通信をメールで配信しています。ご希望の方は、氏名・パート・何期または卒業年度・メールアドレスを下記に送信ください。

johokuglee-ob-owner@yahoogroups.jp;


↓からでも承ります。管理者から折り返し上記の確認をさせていただきます。
johokuglee-obグループに参加する
Powered by groups.yahoo.co.jp
archives
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 2010/05/30 OB現役合同練習@城北学園 | main | 2010/06/20 「碑」合同練習@東京水族館 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

2010/06/05 「碑」合同練習@東京水族館

▼日時
2010年6月5日(土) 18:00〜20:50
▼場所
東京水族館(田端) 2F練習室
▼内容
18:010〜
笹倉先生ご指導により発声練習
18:15〜
「碑」 1.序章 アンサンブル
(19:15〜19:30 休憩)
19:30〜
「碑」 2.点呼 アンサンブル
19:55〜
「碑」 3.爆発 アンサンブル
20:35〜
3曲の中で要確認箇所を部分的にリピート
20:50
終了
(以上、ピアノ伴奏:鶴井さん)
※いつもピアノ伴奏をお願いしている平野先生のご予定が合わないため、本日のみセカンドピアニストの鶴井さんにご担当いただきました。

▼OB参加人数

板橋20・埼玉13 合計33人
(T1 板橋4・埼玉2=6人 T2 板橋5・埼玉5=10人 B1 板橋7・埼玉4=11人 B2 板橋4・埼玉2=6人)

▼メモ

[全体の指摘事項として]
●感情表現が過多にならないように〜音量のダイナミズムを持つこと(pp,p,mp,mf,f,ff の6段階を意図的に使い分ける)
●“美しい日本語”になるような発音とフレージングになるように〜固い言葉とやわらかい言葉で子音の発音を変える、長音に表情をつける、フレーズの終わりを無意識に捨てない

[1.序章]
●8小節 「ひろしまの」の「ろ」 軟口蓋をしっかりあける 「ま」 やわらかく 「の」 はdim〜余韻を残して次につなげる
●12小節 上2声 「少年の」 mfだが語頭は息のスピードをもって発音する
●13小節 上2声 「いしぶみの」の「いし」 スタカート気味に
●21小節 「子ら」の「子」 少しdim 「ら」 uraと発音
●23小節 B2 「たたかい」 mfからスタート&太くならない
●25小節 B1 「ゆめも」 テヌート気味〜次の「はたせず」と同じ表現にならないように
●26小節 T1、T2、B2 「ゆめも」 やわらかく 「はたせず」の「は」 固めに
●30小節 B2 「ありて」の「り」 アクセントなし
●33〜34小節 dimは “ritではないがインテンポでもない”
●35小節 「げんしの」の「げ」 固く 「げんしの」は1語ずつ置く
●38小節 「いしの」 言葉を固め&短めに
●41小節 T1 「こらの名」 やわらかく
●42小節 上3声「よ」 少し引く〜続くB2の「さんびゃくよ」を聞く
●42〜44小節 上3声「いまも」の「い」 のばさない
●51小節〜 ピアノの8分のリズムを意識して符点をつくる
●60小節 「はてしなき」の「は」 mp

[2.点呼]
●6小節 「あつい」の「あ」 アクセント気味 & 短く
●9小節 「ほんかわの」の「ほ」 アクセント & 息のスピード
●10小節 「土手に」の「土」 固く & そのままのばさない
●12小節 「あつまった」の「あ」 短めに 「ま」 アクセント取る
●13小節 mfはmpくらいのイメージでやわらかく
●17小節 「作業まえの」の「さ」 固め & 息のスピード
●21小節 上2声 mp→pに
●24小節 上2声「かりだされた」 固めに
●25〜26小節 「子たち」 固めに
●31小節 「いがぐり」 mp & スタカート気味に
●33小節 「なつの」 8分音符分のエネルギーで(過多につくらない)
●35小節 「こえを」の「こ」 固く & dim
●41小節 「ながれ」 流さずにスタカート気味に
●45〜46小節 2小説で cresc & dim
●52小節 「てん呼は」 楽譜通りdim
●53小節 「絶叫に」 楽譜通りdim
●54小節 「かわった」の「た」 ppp

[3.爆発]
●6小節 「あつめて」の「て」 アクセント取る
●7小節 「それは」の「そ」 大きすぎず
●9小節 「ふいた」 流さずに1音ずつつくる & rit
●13小節 rit
●13小節 mfはmpくらいのイメージでやわらかく
●17小節 「た」 少しためる
●21小節 下2声 mp
●26小節 4声ともに27小説にかけてdim
●27小節 「たけりくるい」の「たけ」 mpだがシンコペーションはしっかり
●30小節 T1、B1 dim
●31小節 rit 「あれる」はスタカート気味(すべらない)
●33小節 上2声「いけるもの」の「け」 長くならない
●34小節 上2声「すへてを」の「てを」 同じ音になるので音量を抑える
●35小節 「やき」 固く
●38〜39小節 「えぐる」 テヌート気味に
●40小節 「子ら」の「ら」 長くならない
●45〜46小節 rit
●47小節 「おいたて」 間延びしない
●48小節 「ら」 ura

**********

出席者が30名を超え、音に厚みがでてきたと感じます。ただ、その分?細かな表現が雑になっていたり反応が鈍くなっているとも感じました(全体、パートごとの音量のコントロール然り、小節アタマでの子音の発音然り、長音の表情のつけ方然り)。
今日までの練習で、延べ参加者は47名となりました。人数が増えるほど、各自の丁寧な音づくりが必要になるものと思います。上述のとおり、笹倉先生のご指導も細かな箇所の指摘が増えていますので、それらを個々に自分の中で解釈するとともに、全体の中でそれらを表現できるよう、改めて譜面を見直していただけると良いかと思います。

演奏会の運営面では、本日チラシが配布され(1人25枚)、参加費(1人25,000円)の集金もスタートしました。チケットは次回練習時に配布できるものと思います。今後は、当日スタッフの人員構成などを固め、具体的なご協力の依頼をさせていただく等の準備に移る予定です。

また、練習終了後、板橋OBのみが集合した場で、雨甲斐OB会長から
「今一度、同期や前後の期のメンバーに各自で声をかけ、1人でも多くのOBを集めて、良い演奏をしよう」
とお話がありました。幹事各メンバーも、各種案内など期を逸しない発信、演奏会の成功に向けた運営体制・スケジュールの再整備などを改めて行い、みなさまのご協力がよりおおきなシナジーとなるよう努めます。ぜひ改めてご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

次回の練習は、「碑」合同練習が 6/20日、現役定演に向けた練習が 6/27日 です。
(時間、場所など、いずれも以下のエントリをご参照ください)
2010年4月〜9月のOB練習予定


(以上 練習報告 : 19期藤沢)
  

at 09:21, johnson, 練習報告

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 09:21, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://shirokita.jugem.jp/trackback/113